愛知県尾張旭市の歯科・インプラント・審美歯科・小児歯科・予防歯科・妊娠中の歯科治療

尾張旭歯科クリニック
〒488-0804 愛知県尾張旭市西の野町3-104-1
TEL 0561-55-5555

 

 

妊娠中の歯科治療

TOP»  歯周病»  インプラント»  矯正治療»  妊娠中の歯科治療
できれば妊娠の前に歯科治療は済ませたいものですが、ついつい検診や治療は敬遠しがち・・・。
そんな場合でも当院では妊娠中、授乳中のお母さんのために、そしてなによりも赤ちゃんのために安全で最小限の治療を考えています。

妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンの増加により歯ぐきが腫れたり出血したりする妊娠性歯肉炎を起こしやすくなっています。
また、つわりや生活環境の変化によるブラッシング不足や唾液が酸性になって粘っこくなるため、虫歯になりやすくなってきます。
こうしたトラブルもプラーク・コントロールにより未然に防ぐことが可能です。


しかし、虫歯になってしまったら・・・。
妊娠中の歯科治療

■X線撮影
妊娠中はできるだけ避けた方がいいですが、治療上必要な場合は4ヶ月以降の安定期になってから医師との相談の上行うことが望ましいでしょう。
当院ではデジタルX線撮影装置のため通常のフィルムX線の1/4の放射線量ですみます。
X線防護プロテクターもお腹と背中の両面タイプのため通常のX線に比べると被爆量はゼロに近いです。

■薬や麻酔薬
飲み薬や麻酔の注射も最小限にとどめましょう。
しかし、お母さんのストレスを和らげるために必要なら、安全性の確認された抗生剤や鎮痛剤の用意もあります。
麻酔も局所に使用するため、通常は問題ありません。
いずれにしても妊娠の可能性がある方や妊娠中の方はお申し出ください。充分に相談して治療方針を決めましょう。